「鶴麺」大西益央の型破り経営論!ボストンで1日2時間限定・2600円のラーメンが売れる理由

納谷

納谷"ロマン"憲幸

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • line

営業時間は午後6時から8時まで。週の営業は3日だけ。オープンから1000日のみの限定営業。ラーメン屋としては異質な営業スタイルでアメリカ・ボストンを賑わせている「TSURUMEN DAVIS」。そんなラーメン屋を切り盛りするのが、近大OBの大西益央さんです。近畿大学を卒業し、大阪随一の人気を誇る「鶴麺」を旗揚げ。その後、アメリカに渡り現在の成功を掴み取るまでのお話を聞いてきました。

記事を読む

この記事を書いた人

この人の他の記事をみる
納谷

納谷"ロマン"憲幸

人間編集部副編集長。1990年京都伏見生まれ、高円寺育ち。大学在学中より月刊誌『TOKYO GRAFFITI』編集部に所属。『KINDAI GRAFFITI』の二代目編集担当などを経て、ノリと勢いで大阪に移住。”雑誌とインターネット”二足の草鞋を履きながら、フリーライター兼カメラマンとして、関西を中心に活動中。

人間編集部副編集長。1990年京都伏見生まれ、高円寺育ち。大学在学中より月刊誌『TOKYO GRAFFITI』編集部に所属。『KINDAI GRAFFITI』の二代目編集担当などを経て、ノリと勢いで大阪に移住。”雑誌とインターネット”二足の草鞋を履きながら、フリーライター兼カメラマンとして、関西を中心に活動中。

この人の他の記事をみる

この記事と同じメディアの記事