推しが尊い……!オタク×アイドルで対談して気づいた「認知」よりも大切なこと

okazimaayano

岡島彩乃

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • line

初めまして!株式会社人間インターン生のおかじまです。女の子のアイドルが大好きなオタク大学生です。推しメンはCARRY LOOSEのパン・ルナリーフィです(めちゃくちゃかわいいです!!!)。大阪在住ですが、ライブやイベントに参加するために、東京や名古屋に月1以上のペースで行っています。


私が推しているグループ、CARRY LOOSEのお披露目ライブ後のチェキ。

アイドルとチェキを撮ることにハマってしまい、自宅には同じものも合わせてCDが100枚以上あります……(CDを購入するとチェキを撮るための引換券がもらえるので)。


今までの思い出が全部詰まっているチェキ帳。推しがかわいい。

ところでみなさん、好きな芸能人やアイドルに自分のことを覚えてほしい!と思ったことはありますか?でも実際、雲の上の存在に「認知」されるってどういうことなんでしょうか。

推しの走馬灯に出たい!記憶されなければオタクの意味がない?

アイドルの「認知」について話すために、アイドルに認知されたい僧侶、アイドルに認知されすぎて人生が狂ってしまった三児の母、自身もオタクである現役アイドルの3人に集まっていただきました!

みなさん、まずは簡単な自己紹介をお願いします。

僕はハロプロオタクの僧侶です。

オタクの僧侶って煩悩だらけじゃないですか?!

僧侶は仏のトップオタクみたいなものなので、ある意味アイドルを推すことも修行なんですよ。

なるほど(?)

私は上は26歳の娘がいる三児の母ですが、現役で某男性アイドルや二丁目系アイドルの追っかけをしています。


夏花さんがキャストとして働く、心斎橋にあるアイドルのライブステージを楽しむことができるライブカフェ&バーエミュリボンで対談。

私は最高じぇねれーしょんというアイドルグループでアイドル活動をしています!ここエミュリボンのオープニングキャストとして働くために3年前に大阪にやって来ました。私もハロプロのオタクで、ずっとBerryz工房のファンです。

アイドルになる方って元々アイドルオタクってことが多いんですか?

そういう人も多いと思います!

家族や周りの友人が薦めることもありますよね。

兄弟が勝手に応募してたとか。

ジャニオタの姉が、自分の担当との繋がりを求め弟をジャニーズに入れたがったりとかね(笑)。

僕も近所のかわいい子たちに「ハロプロ入って」って言ってました(笑)。

それは繋がりを求めて!?

こっそり裏話を聞きたいんですよ……!あの子楽屋でも「めちゃくちゃ礼儀正しいよ」とか。

稲田さんの推しは誰なんですか?

僕はDD気味で。でも、最近推しとしてTシャツを着ているのはモーニング娘。兼カントリー・ガールズの森戸知沙希ちゃんです!ただでさえ高いクオリティを求められるハロプロで、2グループの曲を覚えなきゃいけなくて大変なのに、サラッと踊りこなすんですよね。しかも、森戸さんは辛さを一切見せないんですよ。こういうプロ意識っていうのはBerryz工房のももちからきていると思うんですよね。

※DD:アイドルオタクの間での誰でも大好きの略称。

分かります!!

ももちは努力を見せないアイドルとして有名で、ももちイズムはいろんなアイドルに影響を与えていると思います。

私も陰ですごい努力をしているアイドルを好きになることが多いですね。そういう姿に感銘を受けるというか。

でもそういうアイドルが好きなオタクって、認知とか気にしなさそうに見えますけどね〜。

うーん、でも認知はされたいです……(笑)。

そもそも、稲田さんはなぜ認知されたいんですか?

自分の存在意義というか……人って誰かに記憶されなければ生きてても死んでても同じなんじゃないかと思うんですよ。アイドルに会いに行っても、覚えてもらえなかったらこの世に存在していないようなものと考えていた時期があって。

僧侶らしいのか病んでるのか……

ちょっとでもいいから、推しの走馬灯に自分が出てきたら幸せじゃないですか。でも最近は、アイドルの空気になりたいって思うようになって(笑)。

空気(笑)。

意識しなくても当たり前に存在する感じと言うか……

なるほど。でも、認知されすぎても辛いんですよ。

認知されすぎるってどういうことですか!?

アイドルとオタクの関係性を変えたSNS

私は元々ジャニオタで、ファンの分母が大きいので推しから認知されるなんて夢のまた夢、推しは雲の上の存在だったんです。でも、今追いかけている男性グループは、まだそんなに有名じゃない頃からライブなどに通ってたので、すぐに認知してもらえて。私の見た目が派手だからだとは思うんですが(笑)。

確かに目立ちそうです。

まず、初めて特典会に参加した時に、推しから「初めてですよね?」って言われて。

「初めてですよね?」ってすごくないですか?

見たことないババアが来たなって感じやったんでしょうね(笑)。それで、何回か通ううちに「あっ!」ていう顔をしてくれるようになって、「もしかして私のこと覚えてくれてる?」って。その後、サイン会の時に下の名前を聞かれて、そこからは毎回名前を呼んでくれるようになったんです。

えええ!羨ましすぎる……!

その時は本当に嬉しかったんです。でもそこからどんどん人生が狂っていって……

何があったんですか?

ある日、握手会に参加した時に「ねえねえ、Aちゃん(同じグループの他のメンバー)のこと好きなの?」って聞かれて「えっ!?」てなって。いつも推しのカラーしか身につけてないし、なんでそんなこと言うのか全然分からなくて、もう混乱して。でも、秒で剥がされるんで、理由を聞けないままループして。

※剥がし:握手会やチェキ会などで決められている時間を超えるとスタッフがオタクを引き剥がすこと。
※ループ:握手会やチェキ会などで同じレーンを並び直して何度もアイドルと交流すること。ただし、ループが禁止されているイベントもある。

それめっちゃ気になりますね。

ずっとモヤモヤしてました。で、また次に握手した時に、何でそんなことを言ったのか聞いたら「コメントしたよね?」って言われて。それでようやく思い出したんです。確か一回だけAちゃんのブログにコメントしたことがあって、それを推しが見てたみたいなんです。

そんなことあるんですか!?

メンバーのブログを全部チェックしていたらしくて。それで「二度とコメントしないでね」って言われました。

ああ……推し変を許さないっていうか、されるのが怖いんでしょうね。

※推し変:違うアイドルに推しを変えること。

それを言われてKさん、どう思ったんですか?

泣きました(笑)。他のメンバーにちょっとコメントしただけで、この子はこんなにも不安になってしまうんや……と思ったら申し訳なくて。信頼を取り戻さなきゃって思った私は、それから毎日朝昼晩、推しのブログにコメントをし続けました。

毎日朝昼晩ですか!?

それってしんどくならなかったんですか……?

その時は「とにかく信頼を取り戻さないと!」ってことしか頭になかったです。

重症ですね……

で、その後、推しが私がプレゼントした靴下をテレビ出演の時に履いてくれてたんです!雑誌に載った時も!もう嬉しくて!!

それ、スタイリストが用意したとか、他の人があげたやつかもしれないじゃないですか。

違うんです!他の人のプレゼントとかぶらないように、わざわざ廃盤になった靴下を探して買ってるので。確信があります。

プレゼントにかける熱量がものすごいし、履いてくれるなんて羨ましすぎる。

あと、推しがブログでドーナツを食べたって書いていたので、「何個食べたのかな?」ってコメントしたら、次のブログの一番下に本文とは脈絡もなく「3つ!」って書いてくれたり……!そういうことは他のオタクにもやってるんですけど、めちゃくちゃ嬉しくて。

そんな私信もらえるんですか!?ハロプロに変換して考えたらヤバイ。パニックになりますよ!

※私信:ライブ中やSNSでアイドルが特定のオタクに向けたレスやメッセージを送ること。オタクの勘違いの場合もある。

アイドル目線からは私信についてどう思いますか?

私のグループはまだ規模が小さいので参考になるか分からないですが、そういう私信は送らないように気をつけています。それが原因でファンの間で揉め事になったら嫌なので……。特定の人だけひいきするとかはないようにしていますね。でも、私自身もアイドルオタクなので私信が嬉しい気持ちはすごく分かります。だからこそ難しいですね。

SNSが普及してアイドルとオタクの距離が近くなった分、オタクに対する公平性とか自身の発言とかに過敏に気をつけなければならない時代になってますよね。

グループによってはSNSをやらないアイドルもいますもんね。公式ブログだけに決めてるとか。

夏花さんはツイッターでオタクからのリプライは返すんでしょうか?

リプライはみんなに返します!あれはみんなに公開されていて、そこだけでの関係性なので。

確かにオープンな関係ですもんね。ひとつ思うことがあって、男性のオタクと女性のオタクとでアイドルへの感情の向け方が違いますよね。

確かに、女性ファンの方は感情を表に出す人が多いけど、男性は自分の中で塞ぎ込んじゃう人が多いイメージ。

女性は、同担の場合、私の方が推しを好きだとか、好かれてるだとかでマウントを取り合ったり。

※同担:推しているアイドルが自分と同じ人のこと。

ファンとの距離が近いグループほど荒れやすい傾向にありますよね。

中にはアイドルに嫌な思いをさせてしまうオタクもいますよね。

たまに「推し変するからね」って脅すオタクいません?あれ何なんですかね。

私なら、したらいいじゃん!ってなっちゃいます。

初めて来たわけじゃないのに「初めまして」って言うオタクもいますよね。

アイドルが自分のこと覚えてるか試してるんですよね。卑怯だ。

ご褒美が仇になるアンダーマイニング現象!?

夏花さんは自分のことを推してくれているオタクのことは認知しているんですか?

そうですね〜!ほとんど認知しています。初めて来てくれた人はすぐに分かりますよ。

オタクからすればそれは絶対に嬉しいですよ!

でも私は、自分が好きなアイドルに認知されたくない派なんです。アイドルに自分のことを知られずに一方的に応援していたくて。

下心がないの素敵です。僕はまだ甘いオタクだ〜〜!そんな風にいたいんだけどできない。

夏花ちゃんはライブの時にレスしたりするんですか?

※レス:ライブ・イベント中にアイドルが特定のオタクに向かって指を差したり手を振ったりなどの反応をすること。

します!目は絶対まんべんなく見るようにしていて、それと自分のことをめっちゃ見てくれる人を見ますね。

それって見られて分かるものなんですか?!

分かります!

僕はアイドルと目が合ってるか確証はないんですけど、「今目が合ってる!」って脳内変換して勝手に幸せになっています(笑)。

めっちゃ幸せな脳みそじゃないですか(笑)。

私は推しに認知されてからアンダーマイニング現象を引き起こしてしまったんですよ。

アンダーマイニング現象……?

一度レスを貰うと、毎回欲しくなっちゃうんですよね。レスがもらえないと落ち込んでやる気が出ない。だから、ライブの時に、レスを逃しちゃいけない!と思って推しの目しか見れなくなるんです。ライブ後、推しの目の残像が残るみたいな。

それはヤバイ。推しに依存しているわけではないんですか?

ある意味依存かもしれないです。認知してもらって、レスや私信をもらっているうちに深みにハマってました。多分、推しもアイドルをやっていながら自信がなくて、「強いオタク」が欲しかったんだと思うんですよね。ずっと自分のことを一番に推してくれる……

その気持ちは分かります。一推しか二推しかの違いってすごく大きい。あたたかく応援してくれたり、順番に関わらず推してくれることは嬉しいですが、その中でひとりでも一推しと言ってくれる人がいることって、とても大きいことだと思うんです。だってこんなにたくさんの魅力的な子たちが活動する中での一推しですよ!それは嬉しい。グループで活動していても、誰が一番人気があるのかなってどうしても他のメンバーと比べてしまうので。

やっぱりTOみたいな存在って心強いですか?

※TO:トップオタクの略称。

そうですね、心強いです。でもどのオタクの方も現場に来てくれることが本当に嬉しいんです。時間もお金もかけて会いに来てくれることに感謝するしかないです。

※現場:ライブやイベントなどの総称。

そうやって思ってくれてるの嬉しいな〜。アイドルに認知されるってことは、ある意味契約であり推しからの呪縛だと思うんです。嫌われたくないっていうのはもちろん、私が他界したら推しは悲しむのではないか……?とか考えるようになって。

認知された時点で対人関係ができてしまうんですね。

認知されすぎると共依存みたいになって、呪縛によってどんどん歪んでくる。もはや「記憶喪失になれへんかな」って思うときさえあります。

そこまでいくと苦しい……

「私のことを見つけてくれてありがとう」

そもそも、どういうオタクがアイドルに認知されやすいんですかね?

たくさん現場に通っている以外は、他の人が持っていないものを持っているオタクが覚えてもらいやすいのかなって思います。

稲田くんはそれこそ僧侶っていう強みがあるじゃないですか!

認知されたいのはもちろんなんですけど、アイドルに対して自己アピールはしたくないんですよね。アイドルの前に立つとめっちゃ自信がなくなるんですよ。握手会ではイケメンの後ろをなるべく避けたくなる(笑)。

アイドルってそんなにオタクの顔気にしますかね?!

私は気にしたことないですよ!応援してくれることが嬉しいので。

他のアイドルの方でも、顔で判断したり、イケメンだから対応めっちゃよくしたりとかはないと思いますけどね〜。

イケメンどうこうより、ずっと自分のことを推してくれているオタクの方が嬉しいんじゃないですかね。

じゃあ僕は勝手に被害妄想をしていたのか……

もっと自信持って大丈夫ですよ!

稲田さんはアイドルにどう見られているのかを気にしすぎじゃないですか?

そうですね〜。

自己肯定感が低めなんですかね?

私はいつも、私のことを推しって言ってくれてる方には、とにかく「見つけてくれてありがとう」って思っています!

その言葉、ハロプロのアイドルもよく言っていて、オタクからしてもほんっとに嬉しいんですよね。モーニング娘。の道重さゆみちゃんが卒業の時に「モーニング娘。になって、みなさんと出会えたから、道重さゆみが存在する意味があったと思いました」って言ってたんですよ。それまではオタクのアイドルへの愛って一方通行だと思ってたんですけど、彼女の言葉のおかげで双方向なんだって気づいたんですよね。その時心がものすごく浄化されました。

アイドルからのそういう言葉ってめっちゃ響くんですよね。「来てくれてありがとう」だけでもすごい嬉しいんです。オタクってちょっとのことでも嬉しくなれるんですよね。

オタクにとって、アイドルとは何なのか?

結局、アイドルって何なんでしょうね。

アイドルは僕の中でとても大きな存在なんですよ。アイドルを好きになったのは小4の時だったんです。それまで、男と女の違いとかあんまり分かんなくて、でもモーニング娘。の加護ちゃんを見た時に「女の子っているんだ!!!」って衝撃を受けたんです。もはやイブを見つけたアダムみたいな。

それすごく素敵な話じゃないですか。

現場に行けば行くほどどんどん神々しく見えてくるんですよ。握手会とか、神聖な領域が目の前に広がってるんです。

発光してるよね。キラッキラしてる。

初めて推しメンに会いに行った時、放心状態になっちゃいましたもん。アイドルって実在するんやって。

生きてるだけでありがとうって思いますもん。

私は、推しって言葉がすごい好きなんですよね。他の言葉に代えられないんですよ。この人を推すことができて幸せって噛み締めながら生きてます。

本当に推しが尊いんですよね。私も、推しが週一でしかツイートをしなくなった時、スマホに通知が来た瞬間「生きてる!!!ありがとう!!」ってなってました。生存確認してましたね。

アイドルって自分の私生活を削ってやってくれてるじゃないですか。

いつ寝てるんやろうって思うことがよくあります。本当にすごい。

ライブでも毎回最高を更新してくれるんですよ。

そう。未完成だからこそいいんですよね。そこにレスとか加わったらもっとハマっちゃいますよね。沼です沼。

そうなんです。中毒性が高い。だから私みたいに貧乏な学生オタでも遠征しちゃいますね。アイドルにお金を使うのが一番の幸せなので。

あと、アイドルっていつまでアイドルをしているか分からないっていうタイムリミットがあるので、一つひとつの現場を大切にしないとダメですよね。

昔の映像見てたら涙が出てくるし、その時の記憶が全部蘇ってきますよね。

なんか、認知されることに拘ってた自分がちっぽけに思えてきました。

アイドルって儚いんですよね。

仏教で言うと諸行無常なんですよ。あの瞬間はもう返ってこないんやって。

会いに行かなくていい現場はないんです。

アイドルって偉大だ。

今回みなさんと対談をして「アイドルを好きになってよかった!」と改めて思いました。悲しい時やうまくいかない時、CDを聴いたりライブに行ったりするといつも「また明日から頑張ろう」って思えるんです。アイドルに認知されることは夢のように嬉しいことですが、それ以前に彼女たちのオタクをしているだけでもう幸せな気持ちになっているんです。歌って踊ってみんなを笑顔にしてくれるアイドルと、その姿を好きになって応援するオタク。こんなやさしい世界がもっと広がればいいなと心から思います。


夏花さんの所属するアイドルグループ、最高じぇねれーしょんは2019年5月から12ヶ月連続シングルリリースしており、その第6弾である「ツモロンポンカンリンシャンハイ」が現在発売中です!2020年5月4日(月)にはZepp DiverCity Tokyoにて「最高フェス Special 2020」が開催されます!

その他イベント情報
11月15日(金)「庭には四羽鶏がいる vol.2」@青山RiZM
12月6日(金)「Yuma Labo.#02 〜BoinBoinFes〜」@青山RiZM
12月15日(日)「小林清美 25 周年記念ライブ」@吉祥寺スターパインズカフェ

最高じぇねれーしょん公式サイト

撮影協力:Live Cafe&Bar AimyouRibbon(エミュリボン)

この記事を書いた人

この人の他の記事をみる
okazimaayano

岡島彩乃

(おかじまあやの)

1999年大阪生まれのアイドルオタク大学生。趣味は音楽制作、特技はラップ。フライドポテト愛は誰にも負けない。株式会社人間でインターン中。

1999年大阪生まれのアイドルオタク大学生。趣味は音楽制作、特技はラップ。フライドポテト愛は誰にも負けない。株式会社人間でインターン中。

この人の他の記事をみる

この記事と同じメディアの記事

この記事の関連記事