60年前の家族と暗室で会った。近大写真部「フィルム現像」体験記

しまだ

しまだあや

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • line

近畿大学には、本格的なフィルム写真に取り組む「写真部」が存在します。そこへ、写真家を父にもつライターが訪れて、撮影と現像を体験してインタビュー……のつもりが、予期せぬさまざまな瞬間に、エモーショナルが炸裂。本記事、もはや映画かもしれない。

記事を読む

この記事を書いた人

この人の他の記事をみる
しまだ

しまだあや

HELLOlifeでソーシャルデザインに取り組んだのち、独立。文筆の他、企画から司会まで、なんでもやりたがる。感受性が爆発しすぎて、取材時にすぐ泣く。家の94%を開放するという変わった暮らし方をしている。得意技は愛すること。

HELLOlifeでソーシャルデザインに取り組んだのち、独立。文筆の他、企画から司会まで、なんでもやりたがる。感受性が爆発しすぎて、取材時にすぐ泣く。家の94%を開放するという変わった暮らし方をしている。得意技は愛すること。

この人の他の記事をみる

この記事と同じメディアの記事

この記事の関連記事