愛を込めて「キッチンカロリー」に花束を。53年、近大生の胃と心を満たしてきた名物食堂が閉店

小田切萌

小田切萌

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • line

53年間に渡って近畿大学生たちを見守り続けてきた洋食店「キッチンカロリー」が2020年8月31日、ついにその歴史に幕を閉じます。ボリューム満点の洋食を安く食べられることから、特に体育会系の学生たちがこぞって通ってきた洋食店です。お店を営むのは、椎林要治さん・晴子さんご夫婦。かつて常連として通い詰めたOBの方々も集まり、ご飯を食べながら歴史を振り返りました。

記事を読む

この記事を書いた人

この人の他の記事をみる
小田切萌

小田切萌

(おだぎりもえ)

1994年生まれ。長野県松本市出身。2本の縄を使うスポーツ「ダブルダッチ」に出会って人生が狂ったのちに、株式会社人間に漂着。今は、新たな熱狂を探し中。

1994年生まれ。長野県松本市出身。2本の縄を使うスポーツ「ダブルダッチ」に出会って人生が狂ったのちに、株式会社人間に漂着。今は、新たな熱狂を探し中。

この人の他の記事をみる

この記事と同じメディアの記事

この記事の関連記事