動物の命を食べるのは「かわいそう」? 但馬牛を育てる田中畜産に学ぶ「食育」の本質

かわぐちまさみ

かわぐちまさみ

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • line

「命をいただくこと」についてじっくり考えたことはありますか?エッセイ漫画家のかわぐちまさみさんは、5歳の息子そーちゃんにどうすれば食の大切さを伝えられるだろうと悩み、そーちゃんと一緒に但馬牛の繁殖をおこなう兵庫県の田中畜産へ向かいました。初めて牛と触れ合ってそーちゃんが感じたことや、SNS発信でも注目される田中畜産から学ぶ食育の本質とは?

記事を読む

この記事を書いた人

この人の他の記事をみる
かわぐちまさみ

かわぐちまさみ

隙あらばゲームしたくてイラストレーターになりました。 でも下手くそなのでノベルゲームしかできません。根暗な夫とリア充な息子がいます。 竹書房「本当にあった愉快な話」、サラヤ「ロカボスタイル」、主婦の友WEB「それゆけ!テケトーめし」などでエッセイ漫画を連載中。

隙あらばゲームしたくてイラストレーターになりました。 でも下手くそなのでノベルゲームしかできません。根暗な夫とリア充な息子がいます。 竹書房「本当にあった愉快な話」、サラヤ「ロカボスタイル」、主婦の友WEB「それゆけ!テケトーめし」などでエッセイ漫画を連載中。

この人の他の記事をみる

この記事と同じメディアの記事