世界で唯一の【食べられる国宝】!?とろける「マンガリッツァ豚」に会ってきた

社領エミ

社領エミ

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • line

食べられる国宝「マンガリッツァ豚」とは?モフモフの体毛で覆われた羊のようなマンガリッツァ豚。その脂の溶ける温度は一般的な豚が36℃なのに対し26℃と低く、口に入れた瞬間にとろけてしまうほどの美味しさ!ハンガリーが国宝指定したマンガリッツァ豚の純血をアジアで唯一育てている十勝ロイヤルマンガリッツァファームさんに取材に行きました。

記事を読む

この記事を書いた人

この人の他の記事をみる
社領エミ

社領エミ

(しゃりょうえみ)

1990年生まれのアホなフリーライター。取っつきにくいことをわかりやすく噛み砕いたり、みんなが気になることをインタビューしたり、ジモコロ、マイネ王等で書いています。

1990年生まれのアホなフリーライター。取っつきにくいことをわかりやすく噛み砕いたり、みんなが気になることをインタビューしたり、ジモコロ、マイネ王等で書いています。

この人の他の記事をみる

この記事と同じメディアの記事