「はやぶさ2」が持ち帰る小惑星地下物質とは!?NASAの先行く快挙の舞台裏に迫る

ookoshi

大越裕

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • line

2019年7月、JAXAの打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ2」が、地球から約3億4000万kmの距離にある小惑星リュウグウに2回目の着陸を成功させました。「NASAの何歩も先行く快挙」と世界中で称賛されたこのプロジェクトにおいて、着陸地点を含む小惑星リュウグウの岩の分布を詳細に測定されたのが近畿大学工学部の道上達広教授です。プロジェクト全体と教授が担当された業務、そして「はやぶさ2」によって解明が期待される宇宙の謎についてお話を伺いました。

記事を読む

この記事を書いた人

この人の他の記事をみる
ookoshi

大越裕

(おおこしゆたか)

ライター。神戸在住。理系ライターズ、チームパスカル所属。ボクシングと格闘技全般が好きです。

ライター。神戸在住。理系ライターズ、チームパスカル所属。ボクシングと格闘技全般が好きです。

この人の他の記事をみる

この記事と同じメディアの記事

この記事の関連記事